2013年06月30日

釣り人にやさしいJetBlue

 魚釣りで遠征する場合車が便利なのですが,州をまたぐような長距離の場合は飛行機を利用するのも手です.
 荷物の大きさ,重さ,マイレージやカードの種類によって値段はまちまちですが,殆どの航空会社では,アメリカ国内線の預け荷物は有料です.例えばUS Airwaysの場合1つ目の預け荷物は25ドル,2つ目は35ドルかかります(2013年6月時点).魚釣り道具(釣り針,ニッパー,ハサミなど)などを機内持ち込みはおそらく出来ないと思いますので,釣り道具で一つ,釣竿でもう一つ預けるとなると($25+$35)×2(往復分) = $120で結構なお値段になってしまいます.
 そこでお勧めしたいのが,ジョン・F・ケネディ国際空港をハブ空港としている格安航空会社JetBlueです.

http://www.jetblue.com/
JetBlueのリンクはこちらからどうぞ.

 JetBlueは一つ目の預け荷物を無料で引き受けてくれるのを売りにしております.先日のコロラド旅行では大きめのスーツケースに私と妻の衣類と釣具の小物を入れ,釣竿はプラノのロッドケース(4588-00/通称バズーカ)にいれて,2つを預け荷物にしました.一人あたり預け荷物一つ無料なので,荷物に関してはコストはかかりませんでした.ロッドケースは明らかにJetBlueが定めるサイズを超過している気がするのですが,追加料金を要求されることはありませんでした.
 
http://www.amazon.co.jp/Plano-4588-00-PLANO-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E-%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-4588-00-%E9%80%9A%E7%A7%B0%E3%83%90%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%82%AB/dp/B000E39U40
プラノのロッドケース(4588-00)のリンクはこちらからどうぞ.

 飛行機内のサービスは他のアメリカ系の航空会社と比べると良いような気がします.特に不愉快な思いはしませんでした.日本の全日空と日本航空のサービスが良すぎるので,それが普通と思ってしまうとアメリカの航空会社は難民保護か護送船の様に感じてしまうかもしれません,でも慣れてしまえばなんともないです.「今日のCAは不機嫌やなあ」と思うくらいです.日本の一部のクレーマーの様に,きつい口調で意見を通すのはお勧めしません.相手もどんどん不機嫌になるだけですので,なにか訪ねる時も笑顔で話しかけるほうが良い返答が得られます.
 話がちょっと逸れましたが,JetBlueを利用する上で忘れてはならないのが,名物である紫色のポテトチップ(笑).見た目はグロいのですが食べてみると,厚切りでしっかりジャガイモの味がして,かつ脂っこくなくあっさり塩味でかなりいけてます.

DSCF7025.jpg

 JetBlueの欠点をあげるとするならば,JetBlueとANAやJALといった日系の航空会社とマイレージを提携していないことと,JetBlueの扱いが小さい空港ではチェックインカウンターが端っこにひっそりとあること.デンバー国際空港では一番端まで歩くことになりました.
 皆様もアメリカ国内旅行or釣りを楽しまれる場合は持ち込み荷物の料金も考慮して航空会社を選択されてはいかがでしょうか.

ではでは.
てるりん

posted by terupurine at 08:51| Comment(0) | Fishing | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。